ブログトップ

まさしさんの屋上農園日記、ほか

masashik2.exblog.jp

<   2006年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2階&屋上コンクリート打設

お疲れ様です。

今日は2階壁と天井(屋上)のコンクリート打設工事がありましたので、今まで見に行けて無かった分張り切って見学に行ってまいりました。真夏の工事ということもあるのだと思いますが工事開始時間は朝の8時。もちろんまさしさんは寝坊して遅刻してしまいました。。。

現場に着きますと、もう始まっています!コンクリート圧送ポンプ車が家の上にコンクリートを流し込んでいるようです。
e0074471_0441034.jpg



早速、屋上に上ってみました。まだ壁の一部に流されている状態でした。どうやらコンクリートが回りにくい窓のあたりから流し込みを開始しているようでした。横長い窓が何箇所かあるのですが、やはりそういった箇所のサッシ下部分にはなかなかうまくコンクリートが流れ込んでくれないようです。なので、穴を開けてそこから入れたりと色々な工夫をされているようでした。
e0074471_0463391.jpg



こんな感じで壁にコンクリートを流し込んでいきます。この流し込むポンプ車からの管がとても大きくて重そうで大変そうでした。さながら大蛇と格闘しているような、そんな感じでもありました。これはかなりの重労働かつ頭脳労働です。まさしさんにはとても無理です。
e0074471_0475863.jpg



壁に流し込んだコンクリートがベランダ屋根に流れてきています。ちゃんと繋がっているのだなーと実感。
e0074471_049526.jpg



正面の外断熱パネルはブツブツ状のパネルなのですが、壁の上端部はコンクリート打ち込みなのでそのままではブツブツにならずに見た目が変わってしまいます。なので、型枠にこのようなブツブツを着けています。これはブツブツ外断熱パネルにはまっていたシートのようで、これを切って型枠に貼っているみたいです。ちょうどプチプチする包装材みたいなやつですね。手は庄司さんの手です。
e0074471_0515298.jpg



階段のコンクリート打ち込みとそれを写真に収める庄司さん。ここは狭くて大変だったとか。
e0074471_0539100.jpg



コンクリートミキサー車にはそんなに多くの生コンを積んでくることが出来ません。なので、1台が空っぽになると、次のミキサー車がやってきます。このタイミングがまたバッチリです。近くで待機しているみたいですが、生コン工場では硬化時間と交通状況、などなど考えながら発車時間などを計算しているのではないかと推察されます。色んな人が関わって今日の工事が進んでいるのだと実感したのであります。
e0074471_0561049.jpg



だいぶ打ち込みが進んできました。あとは屋上部の打ち込みです。見てわかるように、端っこから単純に打ち込んでいくのではなく、うまく全体のバランスを考えながら打ち込んでいく場所を決めるのだそう。一箇所から単純にどんどん打つとやはりそこが先に固まってきて型枠にかかる荷重だとかが偏ってきたりして良くないのだそうです。ここは経験がモノを言うところですね。
e0074471_0564332.jpg



キッチン換気扇の排気出口です。こんな感じの紙管が入ってました。この排気出口や、2階のカウンターなどの細かいコンクリート造作箇所はまた別の日に改めて打ち込みを行うそうです。
e0074471_101939.jpg



だいぶん打ち込みが進んできました。コンクリートが流されるとこんな感じに均されます。そして最後に左官職人さんがコテを使って綺麗に平滑な面を作り上げて行ってくれます。これもまた重労働で、かつ経験がモノを言う仕事です。
e0074471_123977.jpg



お昼をだいぶ過ぎてから全てのコンクリート打ち込みが完了しました。コンクリート打ち込みは一発勝負ゆえ、お昼ごはんを食べてる間などありませんから、皆さんお昼ご飯を我慢してずっと作業されていました。本当に頭の下がる思いであります。。おかげさまで実に良い感じに仕上がりました。
e0074471_151369.jpg



これで、躯体に関してはほぼ終了。あとは固まるのを待って内装工事等に移ります。月末にはサッシ取り付けの工事が始まるそうでいよいよ家らしくなってきうです。

このあと庄司さんと内装などのイメージについてちょっと打ち合せ。頭の中にはイメージはあるんですが、なかなかうまく言葉にして表現できないもどかしさが。スッキリ綺麗ではなく、ザックリとした感じというキーワードはあるのですが、なんだかうまく表現できません。これからの打ち合せの中で詰めていこうと思います。

オマケ。。今日はややこしい天気でしたが時折ものすごい日差しになりました。まさしさんはインドアなお仕事なのでこの機に日焼けしてしまおう!と思い袖まくりして現場見学していたら。。。
e0074471_1153666.jpg


こんなことになってしましました。。もの凄く痛いです。皆さん日焼けには気をつけましょう。。

最後に見苦しいものを載せてスイマセン。。

ではでは。
[PR]
by masashik | 2006-08-20 01:16 | 4.工事編

屋上がっ

お盆です。お疲れ様です。

先週の土曜日、近くの下鴨神社の古本市へ行った帰りに現場に寄ってみました。
当日は最後の配筋検査の日だったようですが、施主が行くとみなさん緊張されるとの事なので夕方に。。しかしながら、夕方にもかかわらず現場監督さんがまだ作業されてました。お話を聞くと、お盆にも一日出て作業をされるそう。本当に頭の下がる思いで一杯です。。しかしながら、監督さん曰く、色々大変だけど仕事していてとても楽しいとの事でした。そう言っていただけると私もとっても嬉しいです。

さて、現場ですが。。
2階の型枠までが大体組みあがったみたいです。正面から見るとこんなかんじで、だいぶこじんまりした感じです。
e0074471_22223085.jpg



正面の窓から2階に潜入。内部はつっかえ棒だらけです。奥のトイレの所あたりまで型枠が出来てました。あと、屋上への階段の配筋も終わっていました!
e0074471_222471.jpg



屋上へ上るとこんな感じに。初めて上ったので感激もひとしお。思っていたより細長い屋上でしたが全面屋上なので広さはけっこうありそうです。斜めになっているのは北側斜線の影響でこの角度に斜めに切られてます。ちょうど、ねっころがったらいい感じになるような角度になってます。
e0074471_22254287.jpg



西向き道路なので、正面からは綺麗な夕焼けが見えます。お向かいさんも平屋なので鴨川の河川敷の木々もよく見えます。それと、遠くに「左」大文字が見えます。左のほうです。いわゆる有名なほうの右の大きい大文字はやはり後ろのお家が大きいため全く見えませんでした。でも、もうひとつ「船」か「妙」か「法」どれか忘れたのですが見えるみたいです。e0074471_22281251.jpg



こちらはトップライトの配筋と型枠です。ダイニングのところにあります。夏は暑くなりそうなので、屋上から蓋をしないといけないかも。
e0074471_22285154.jpg



こちらは新たに設けられたキッチン換気扇の出口。こんな配筋になってます。煙突みたいになるのでしょうか。
e0074471_2230165.jpg



と、こんな感じの現場です。あとは今週の土曜に最後のコンクリートが流し込まれ、あとは固まって型枠が外れるのを待つのみ。その後は内装工事へと進みます。ここから、一気に家らしくなってくるのかなと思います。とっても楽しみであります。
[PR]
by masashik | 2006-08-15 22:32 | 4.工事編

工事はちゃくちゃく

お疲れ様です。

今週は週末も仕事なので、工事見にいけません。。。(涙)
なので今回も写真は庄司さんより頂いたものです。

写真はキッチンの裏側にある、屋上へ上がる階段の型枠を組んでいるところでしょうか。
どんどん形になってきてるみたいです。
e0074471_04150100.jpg



こちらはリビングを上から。オレンジの配管は電気の配管でしょうか。ベランダで座っている監督さん、とっても楽しそうです。雰囲気のよい現場みたいなので、良い仕事をしてもらえそうですね。しかし庄司さん、こんな怖そうなところに上られたのでしょうか。。すごいなあ。。
e0074471_0435725.jpg



工事のスケジュールは先日からの長雨の影響で少々遅れ気味です。お天道様には勝てませんからね。19日に2階壁と天井のコンクリートを流し込むようです。これで、だいたい形になってきそうです。はやく養生を終えて型枠を外したところを見たいです。
上棟式は、型枠が外れた頃でしょうか。どんな上棟式にしようか、悩み中です。
[PR]
by masashik | 2006-08-05 00:49 | 4.工事編