ブログトップ

まさしさんの屋上農園日記、ほか

masashik2.exblog.jp

事前打ち合わせ。。

さて、土地の契約を行う前に建築家さんとの第一回打ち合わせを行いました。建築予定の
土地には詳細な測量図が無かったので、建築家さんと一緒にその測量の確認を行い、その
後まさしさんの部屋に来てもらって第一回打ち合わせをおこないました。

第一回の打ち合わせは、こちらの要望やイメージを伝えることや契約や建築のスケジュー
ルなどの段取りについて話を聞く事になりました。これまで土地探しにあけくれてばかり
で、要望については色々考えてはいたものの全くまったくまとまりの無い要望ばかりだっ
たので、ここでちゃんと纏めてみようと思ったのですがはやり纏まらず。。ですが、そう
は言っても仕方が無いので今思うことを色々話してみました。

---------------------------------------------------
○面白い家にしたい

 やはり建築家に頼むのですから面白い個性的な家が良いです。とはいえ居住性に劣る
 のでは元も子もありません。庄司さんはそのあたりうまくバランスの取れた住宅を作
 ってきておられますし、今までの施主さんの満足度も高いようです。期待期待。。

○緑の溢れる家にしたい

 家はコンクリートや木、設備だけで構成されているものにあらず。やはり植栽などを
 トータルに考えて造りたいものです。緑があると目にもやさしいですし、見た目にも
 可愛いです。屋上緑化や壁面緑化なんかは夏の日差しや日射を防いでくれて断熱効果
 、冷房費削減も期待できます。反面、メンテナンスなどの問題もありますが。。ここ
 らあたりもうまくバランスをとりたいところです。

○屋上利用をしたい

 上と関連しますが屋上緑化をしたいです。同時に屋上でお茶を飲んでほっこりしたり
 春は屋上から見える鴨川の桜を見たり、夏は大文字焼きを楽しんだり。。 それと、
 せっかく日のよくあたる屋上。野菜や果物などを育てて娘と収穫したい。。なんて夢も
 あります。こちらも色々問題もありお金もかかりますが是非とも実現したいものです。

○夏涼しく、冬暖かい家に

 よく、建築家さんに頼んて、素晴らしくお洒落な家が出来たはいいが夏暑くて冬寒く、
 とても住める家じゃない、または冷暖房費が月10万を超えた!なんての話もよく聞
 きます。この例は極端にしてもやはり夏涼しく冬暖かい家にしたいもの。特にまさし
 さん夫婦は共に暑がり。夏は涼しくしたいものです。。(住みづらいのを覚悟の上で
 クールな住宅に住む。。ってのもカッコイイとは思うのですけどね。一人ならそれも
 アリかも)

○地下室が欲しい

 これは後述するホームシアターも理由の大きな要因となります。それに昔から地下っ
 て響きが好きなんですよね。ワクワクします。あと僕は寝るときは真っ暗で静かな所
 が良いので地下室なんて最適かなと。問題は川の傍であること、大雨が降ったら?湿
 気は大丈夫?などなど尽きませんがぜひとも実現したいですね。というか、容積率の
 関係で既に地下室ありきになってきてますが。。

○ホームシアターが欲しい。

 まさしさんと嫁さんは映画がとても好きです。結婚する前からホームシアターいいね
 と話しておりました。ただしマンションではなかなか実現できず5.1chのヘッドホン
 で我慢するか~と思っていましたが家を建てるとなっては作らないわけにはいきませ
 ん。ただ予算の関係上後回しになってしまいそうな予感ではありますが。。

○駐車場は1台分でよい。

 うちは夫婦とも車の免許は持っていますがおそらく乗るのはまさしさんだけになる
 可能性が大。2台買う予定もないし土地もそんなに余裕は無いので駐車場はおのずと
 1台となりそうです。友達が来るときなんかのために出来れば2台は欲しいところで
 はありますが、それも計画次第ですね。

○書斎(作業場)が夫婦別で欲しい

 書斎、男の隠れ家ってのは全国1億2千万人のお父さん共通の憧れでありましょう。。
 それはさておき、まさしさんはたまに会社のサーバのメンテナンスやらWebページの
 更新、はたまた資料作り、たまにはプログラミングなどなどをお家でやらないといけ
 ない事があります。やはり静かな環境でそういった事もやりたいものです。
 嫁さんは昨年ミシンを買いました。あと編み物やら家事やら、読書やらをやるための
 「女の隠れ家」を熱望。主婦にもそんな素敵なスペースがあるほうが辛い家事や育児
 をやるための活力になるってものです。ぜひとも素敵なスペースを作ってもらいたい
 と思います。

○土間のようなスペースが欲しい

 こちら某渡辺アックンの番組で素敵な土間の家を見てからいいな~と思いはじめました。
 普通の玄関ではなくてこういったスペースで曖昧に内と外を繋ぐのも面白いですよね。
 この土間にちょっとしたテーブルなんかがあれば来客時やちょっとした事にも使えたり
 しそうです。あと、ここには色々な物を入れる物置(コートクローク?)的なものも
 あると嬉しいなどと要望を出してみました。

○キッチンは使いやすく。対面で。

 やはりキッチンは孤独な物なのだそう。いや、これはおおまかに2タイプあると思われ
 まして、キッチンは誰にも覗かれたくない、さらに料理に打ち込みたいといったタイプ
 それか料理は孤独な作業、家族の皆と話しながら楽しく料理したいわ、といったタイプ
 うちの奥さんは後者のようです。それに子供が小さい時は子供を見ながら料理も出来ま
 す。あと使いやすさは重要ですね。こちらも出来る限り嫁さんの要望を取り入れてたい
 と思います。今のところP-kan庄司さんオリジナルキッチンを希望していますが予算に
 よっては既製品や業務用キッチンの流用なども。

○リビングは家族それぞれが自分の居場所を作れるような感じ。

 リビングはとても重要な場所であり、設計する側としてはとても難しいところなのかな
 と思います。やはり一日の大半を過ごせるような居心地のよいリビングが欲しいもの。
 その居心地の良さは人によって千差万別であるし、施主自身よくわかっていないケース
 が多いかなと思われます。かくゆう僕もその1人。なかなかうまくイメージが伝えられな
 くて困っています。ただ、ひとつだけキーワードがあるとすれば「自分の居場所」なの
 かなと思っています。だだっ広くて開放感のあるリビング、それはそれで素敵なのかな
 とも思いますがどうにもこうにも落ち着かない。それよりはごちゃごちゃ狭くて座る所
 がいっぱいあるほうが家族それぞれの「陣地」を作れて楽しいですよね。
 とはいえ、最初の頃はやはり家を建てるのだからそれなりに「広い」リビングがいいな
 と考えたりしてました。。

○子供部屋は2部屋欲しい。

 子供は今1人です。でもやはりもう1人ほしくなってくるのかな、と。あまりこういった
 未来の話を住宅に取り入れるのはクールではないので好きではないですが。。まあ、こ
 れもスペース次第ですかね。

○出来れば客間があると嬉しい。

 こちらも上と同様、一年に数回しか使わない部屋にただでさえ面積に限界があるのにス
 ペースを割くのかといった問題もあります。ただ、たとえばシアタールーム兼客間とい
 ったことも可能なのかな、と。それにまさしさんの両親などはどうでもいいですが奥さ
 んの御両親が泊まりに来られてリビングに布団引いて寝てください、とはなかなか言え
 ないもの。専用の部屋でなくともいざというときにそれなりに格好つくスペースがある
 といいかなと思います。

○できれば暗室を作りたい。

 奥さんは大学生の頃カメラマンの助手のアルバイトをしていたとか。自分でも一眼レフ
 のカメラを買ってよく撮影していたそうです。で、実家の方を新築した時に暗室を作っ
 たそうです。ただし、忙しくてそこはあまり使われなくなったそう。。リベンジという
 わけではありませんが今度こその思いもあるようです。それにまさしさんも実は子供が
 産まれた時にCONTAX T3というちょいよく写るカメラを買っちゃいましてちょっとハマ
 っております。

○お風呂やトイレで音楽を聞きたい

 まさしさんは男の中では割と長風呂な方でしょう。お風呂に入るといつもフンフ~ン♪
 と鼻歌を。お風呂って静かですよね。音楽が聞きたいですよね。なかなか家にいると
 1人で落ち着ける時間は少ないもの。お風呂は短い時間でもそういった貴重な時間で
 あるわけですのでやはり好きな音楽なんかを聴けると最高ですよね。とはいえ、この
 案は奥さんに却下されそうな予感なのですが。。。(奥さんは超早風呂)


---------------------------------------------------

実際はもっと細かい事まで色々話しましたが大きなところではこんな感じかなと
思います。でも明らかに予算内では無理そうな。。

で、こんな要望をぶつけてみたわけですが、さすがに庄司さんもちょっと苦笑い。。?
しかしながら、出来ない事も無いぞといった自信の表情もちょっと伺え、心強いばかりで
あります。要望をぶつけたあとは、建築雑誌などを見ながら雑談などをし、次回はだいた
い一ヶ月後くらいにこの要望などを元に基本プランを提案してもらえる事になりました。
[PR]
by masashik | 2005-09-14 21:53 | 3.プランニング編
<< 第1回プレゼン。。 土地を探す。。3 >>