ブログトップ

まさしさんの屋上農園日記、ほか

masashik2.exblog.jp

RC外断熱の「住まい方」

お疲れ様ですまさしさんです。

さて、今朝、うちの奥さんと少し電話でお話しました。
そして開口一番こう言いました。。「寒い!」と。。

うーん。。。RC外断熱にした効果は全く無いのか・・・?
しかし・・・よくよく考えてみるとたしかに寒いのは当たり前なのです。

今の家の状況を考えてみましょう。

・引越し当初、エアコンは無かった。
・エアコンが来てから、稼動させている温度は最初からずっと20度前後。
・その時の状況で点けたり消したりしている。(夜中は消したまま)

これで分かることは。。。

コンクリートが、全く温まっていない! という事。

これでは、省エネ温度のエアコン20度にしても蓄冷されているコンクリートからの
冷気と相殺しておそらく効きは相当悪いでしょう。実際、モルタル床や、センターの
コンクリートカウンターなどはかなりの冷気を放っていてかなり冷たいうよう。

そこで色々調べてみました。
やはり、RC外断熱にはそれなりの「住まい方」があるようです。

まず、必要なのは「予熱」
RC外断熱は要するに魔法瓶のようなものなのですから、中身が暖かくなければ全く意味
がありません。今は魔法瓶の中に冷たいお水を入れているようなもの。お湯を入れてあげねば
なりません。

というわけで、どうやらエアコンなどの暖房機器を30度ほどに設定し、それを1週間~10日
ほど続ける事でRCの躯体そのものに蓄熱してしまう事が必要であるみたいです。
まさしさんも、この予熱については試みようと思ってやってみたのですが、実は1日でやめて
しまいました。それも25度くらいで夜中のみ。さすがにそれだけではこの巨大なRCの躯体
は温まりませんね。

さて、そうなって充分にコンクリートに蓄熱出来たら、そこで初めてエアコン20度設定です。
そして「連続稼動」です。ここまでコンクリートが暖まればエアコンはかなりの低消費電力
で稼動するはず。。


ただし、、、上のような事が完全に我が家で機能するかというと、おそらくこんなにうまくは
いかないでしょう。色々と調べたRC外断熱住宅における断熱材の厚さほどにはうちの家の
断熱材は厚くはありませんし、ヒートブリッジもあります。なので、多少は割引が必要では
あろうかと思います。でも、やはり上のような事をしないと、RC外断熱の性能は充分に発揮
出来ないと思われますので、本格的に寒くなりそうな2月までは、「予熱」してみようと思います。
そして、窓にカーテンかロールスクリーン、そしてサーキュレーターなどの使用、あとは
玄関ドアの気密がいまいちなのでそれの改修、等々の工夫が必要かと思います。

また、3月くらい室内温度と電気代についてのレポートを書きたいと思います。
ちなみに最初の電気代は2万円ちょいくらい?のようです。家の広さが前のマンションより
2.5倍になった事を思うと、かなり安いのかな、と思います。(前のマンションの冬の電気+
ガスの料金がおそらく2万円弱くらいです)
ただ、前述したとおり寒い思いをしてこれくらいですから。。でも、うまくやればおそらくそんなに
変わらないくらいで暖かい暮らしが出来そうな気はしています。


てなわけでして、京都に残してきた、冷えた親子を救うべく頑張ってみます。


※ちなみに、地下室だけは快適だそうです。エアコンもつけても18度だそうで。
[PR]
by masashik | 2007-01-26 00:44 | 5.竣工後・住んでから
<< 室温&湿度報告 設備・機器 >>